エロスと猟奇 - H Morgen

2012/03/21


サディスティックなのかマゾヒスティックなのか。
個人にどちらもが共存している場合をサドマゾヒストというそうだけど、なかなか分けて考えるのも難しい領域なのかもしれない。


























(Фотограф H Morgen (153 фото))

マゾッホとサド (晶文社クラシックス)マゾッホとサド (晶文社クラシックス)
ジル ドゥルーズ 蓮實 重彦

晶文社 1998-10-25
売り上げランキング : 382540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment
鴨川つばめとはまたニッチなところをついてくるなあ(笑

そういえば、呪怨を撮影した清水崇監督が「ホラーがギャグにしか観えなくなってきた」とかいう趣旨の話をしてましたっけ。

それでTVで「怪奇大家族」なんてのを製作したんですが、エロとかホラーも、ギャグと表裏一体のところは確かにありますよね。

この人の作品も、ちょっと笑っちゃう感じがあって面白かった。
あいかわらず素敵んぐ
どっかで似たタッチのイラスト見たことあるんだけど、誰の影響受けてるのかしら?
鴨川つばめ先生もこういう感じの書いてるよね。
エロスとタナトスとか持ち出すまでもなく、エロって一歩間違えばギャグだし恐怖でもある。その逆もまた真なりってことかな。
アマゾンで画集探したが出てこなかった(泣

管理者のみに表示